東京足立区梅田 五反野 梅島 八千代歯科クリニック 北千住 小菅 歯医者 歯科 荒川区 葛飾区

足立区梅田の八千代歯科クリニック

トピックス(過去分)

2014年

トピックス2014.0428. :2年ぶりに大幅リニューアルされる週刊朝日MOOK『いい歯医者2014〜長生きできる歯科治療(仮)』(朝日新聞出版)に今回も八千代歯科クリニックが掲載されることとなりました。また、学研からも近日中に発行予定の『歯科医ガイドブック(仮称)』への掲載許諾の依頼が書面で来ました。

2013年

トピックス2013.04.10. :スマートフォンでの閲覧に適したスマホサイトを開設しました。

2012年

トピックス2012.12.11. :臨床近赤外光研究会でリップエステとフェイスケアについて講演します

12月16日に発足する臨床近赤外光研究会の講師として、リップエステとフェイスケアをテーマに30分講演します。
会員外の医療従事者もオブザーバーとして門戸を開いておりますので、興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。
場所は日本ブライバルセンターの人形町セミナールームです。連絡先は03-5642-3322までお願いします。

トピックス2012.12.11. :日本アンチエイジング歯科学会誌5巻1号に総説論文が掲載されました

総説論文『インドール配合野菜の癌予防効果』が歯科医学の学会誌に掲載されました。
本論文は、「食と健康」を本格的に研究テーマとして取り組む事を決定した、日本アンチエイジング歯科学会の今後の研究に先立ち、現時点で豊富なデータを有するアブラナ科の野菜(キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなど多数)の癌予防効果について文献を中心に解説したものです。アブラナ科の野菜に含まれるインドールの香りについても合わせて報告しました。

トピックス2012.11.07. :「良い歯医者を選ぶための本」に掲載されます。

毎日新聞社から、来年発行の『歯科最前線2013』への八千代歯科クリニックの掲載打診と、6ページに亘るアンケート協力依頼が来ました。これで『良い歯医者を選ぶための本』系統のものに関しては、読売・朝日・毎日・主婦の友と、定期的に出版しているすべての出版社の本に掲載されることになります。

トピックス2012.10.10. :最新著書のご紹介

2012年8月31日に院長著書「デンタルアンチエイジングとアロマセラピー」−顔の表情と口腔内のアロマケア−がフレグランスジャーナル社より発行されました。詳しくは著書紹介ページをご覧下さい。

トピックス2012.7.18. :今年も待合室に日田天領水(ミネラルウォーター)のサーバーを設置しました。

これからが夏本番ですので、今年も待合室に日田天領水(ミネラルウォーター)のサーバーを設置しました。
日田天領水(大分の水郷日田の地下水)は、我国初の天然活性水素水(活性酸素を消去出来る飲料水)と認定され、世界的評価を受けています。

1.モンドセレクション(ベルギーの国際認証機関)金賞連続受賞中
2.iTQi(国際味覚品質審査機構)優秀味覚賞連続受賞中
3.HACCP(国際衛生規格で農水省も支援)承認ミネラルウォーター

活性水素水は、病気の予防やアンチエイジングに最も安全な近道だと言われています。
涼しくなるまでの期間限定ですが、冷たい天然活性水素水を是非お飲みになって下さい。

トピックス2012.6.13. :第4期メディカル・アロマ・コーディネーター養成講座で講演します

日本アンチエイジング歯科学会認定の第4期メディカルアロマコーディネーター養成講座が7月15日(日)・16日(祝)の2日間の日程で開講されます。場所は東京駅の地下街にある八重洲ホールです。
今回も9人の演者が2日間にわたり多角的に講演いたします。詳しくは学会のHPを参照してください。
私のパートは、アロマの歴史と歯科領域のアロマセラピーの2つのテーマの講演を予定しています。

トピックス2012.1.7. :中央公論2月10日発売号に当院が掲載されることになりました

創刊1887年の我が国で最も歴史のある雑誌として知られる中央公論は、今年度医療編集特別企画として、「シリーズ〜50歳からの病気と治療〜」をスタートさせる予定です。
その第1回目に、『補綴歯科特集 健康に関わる噛み合わせの重要性』をテーマに取り上げるとの事。
私は、日本補綴歯科学会の専門医であるとともに指導医でもある事から、今回の特集にて八千代歯科クリニックが掲載されるようです。ただし朝日新聞のようなキチンとした事前調査はありませんでしたので、どのような形かは不明です。

2011年

トピックス2011.12.26. :日本アンチエイジング歯科学会誌4巻1号に総説論文が掲載されました

総説論文『震災時の健康維持に役立つ芳香蒸留水(ハーブウォーター)について』が歯科医学の学会誌に掲載されました。
本論文は、被災者並びに被災地で活動するボランティアへのサポート・アドバイス用として書いた「aromatopia」に掲載した内容をベースに、研究データを新たに追加して、歯科医療従事者向けに方向修正して、地震大国日本での今後の参考とすべき内容に大きく書き直したものです。
繰り返しになりますが、芳香蒸留水は飲用出来る位安全で抗菌効果もありますので、ライフラインが閉ざされた状況でヘアケア、スキンケア、口腔ケア等に役立ち、その香りがストレス緩和にも貢献する、ユーティリティーな香りのある抗菌剤である事をデータを中心に報告しました。
また実際に福島の避難所で芳香蒸留水が活用された事についても併せて報告しました。

トピックス2011.11.30. :年末年始休診日のお知らせ

12月31日(土)〜1月5日(木)を休診とさせていただきます。

トピックス2011.11.4. :第14回日本アロマセラピー学会が開催されます。

東京お台場の日本科学未来館他にて第14回日本アロマセラピー学会学術総会(11月12・13日)が開催されます。
『これからのアロマセラピー』というメインテーマの中で、私は12日の教育講演の座長を依頼されています。
教育講演、シンポジウム、ワークショップ、海外招待講演、市民公開講座と盛りだくさんです。
詳しい内容については日本アロマセラピー学会のウエブサイトにて学術総会のページを参照して下さい。

トピックス2011.10.7. :朝日新聞出版から出版準備の調査依頼が来ました。

週刊朝日ムックが『いい歯医者2012』に続き、新しい企画のガイドブックを刊行するとの連絡が来ました。
冬以降に出版予定の新規ガイドブックにも、八千代歯科クリニックが掲載されるとの事です。
朝日新聞出版の調査内容はこれまでも他社のガイドブックより正確であり、詳しい内容は書けませんが期待が持てます。

トピックス2011.7.31. :夏季休診日のお知らせ

8月11日(木)〜17日(水)を休診とさせていただきます。8月18日は木曜日ですが診療いたします。

トピックス2011.7.31. :アロマセラピー専門誌「aromatopia」20巻4号に掲載

東日本大震災関連論文として、『震災時の健康管理に活用できる芳香蒸留水』が掲載されました。
4月初旬に、阪神淡路大震災の被災者でもあった山本淑子先生より、ライフラインが切断された時に、芳香蒸留水がドライシャンプーなどで役に立つが、口腔ケアにも活用できるのではないかとの連絡を頂き、この連絡にて、安全で抗菌効果を有する芳香蒸留水は震災時の健康維持に役に立つと、初めて気づきました。 山本先生の資料に、口腔ケアの資料と芳香蒸留水のデータを加えて、山本先生と共著で東日本大震災関連提言の文章を書きました。
芳香蒸留水は飲用出来る位安全で抗菌効果もありますので、ライフラインが閉ざされた状況でヘアケア、スキンケア、口腔ケア等に役立ち、その香りがストレス緩和にも貢献する、ユーティリティーな香りのある抗菌剤である事をデータを中心に報告しました。 今回の文章が、何らかの後方支援になればと考えています。

トピックス2011.7.25. :手すりの設置とスリッパの殺菌について

以前から要望がありました、手すりを院内と院外の2か所に取り付け、安全に通院しやすい環境になりました。
7月25日からご利用いただけます。
手すり工事と並行して、スリッパ入れを殺菌灯入りのスリッパボックスに変更いたします。
殺菌灯+オゾン(脱臭・除菌)+ファン(乾燥)の機能を有する最新の機種を導入しました。
これまでも一日2回スリッパの消毒と、使い捨ての下敷きを提供していましたが、更に清潔で安心な環境になりました。

トピックス2011.7.06. :今年も待合室に日田天領水(ミネラルウォーター)のサーバーを設置しました。

これからが夏本番ですので、今年も待合室に日田天領水(ミネラルウォーター)のサーバーを設置しました。
日田天領水(大分の水郷日田の地下水)は、我国初の天然活性水素水(活性酸素を消去出来る飲料水)と認定され、世界的評価を受けています。

1.モンドセレクション(ベルギーの国際認証機関)金賞連続受賞中
2.iTQi(国際味覚品質審査機構)優秀味覚賞連続受賞中
3.HACCP(国際衛生規格で農水省も支援)承認ミネラルウォーター

活性水素水は、病気の予防やアンチエイジングに最も安全な近道だと言われています。
涼しくなるまでの期間限定ですが、冷たい天然活性水素水を是非お飲みになって下さい。

トピックス2011.6.07. :アロマセラピー専門誌「aromatopia」20巻3号に掲載されます

医療分野のアロマセラピーを特集したaromatopiaからの執筆依頼で、20巻3号に「歯科治療薬としての精油」が掲載されました。診療科別のアロマセラピーの研究と臨床というテーマで、7つの臨床科がそれぞれアロマについてまとめたものです。
歯科領域としては、虫歯(う蝕)治療に用いられてきたクローブオイルの効果について、多角的に解説しました。

トピックス2011.6.07. :第15回『香りのセミナー』(山本淑子ハーブ・アロマアカデミー主催)にて講演いたします

7月3日大阪のハートンホテル北梅田にて、関西のアロマを牽引する山本淑子ハーブ・アロマアカデミー主催の1日セミナーの講師を依頼されました。歯科関連のアロマセラピーについて、肩肘張らない楽しい話をする予定です。
詳しくは、 フリーダイヤル 0120-170802 または http://www.aromalab.co.jp へ連絡してください。

トピックス2011.4.12. :5月連休中の診療について

GW期間は平常通り (木・日祝は休診) 診療いたします。
★『デンタル・アロマセラピー入門』セミナーのお知らせ
昨年の開催でご好評頂いた私のセミナー『デンタル・アロマセラピー入門』が今年も2回予定されています。
5月8日(日)と6月5日(日)に「明日からアロマを取り入れるポイント」を、項目ごとにデータを中心に講義します。
両日とも午後1時開始で、参加費5000円。場所は日本ブライダルセンター本社セミナールーム(人形町駅徒歩2分)です。
(東京都中央区日本橋堀留町2-1-1藤和堀留町ビル5階) ご興味のある方は主催者の日本ブライダルセンターまで問い合わせください。

トピックス2011.4.09. :朝日新聞出版から出版準備の調査依頼が来ました

夏以降に出版予定の『いい歯医者2012』に、今回も八千代歯科クリニックが掲載されるとの連絡が来ました。朝日新聞出版の調査内容はこれまで同様に型通りのものでしたが、事前調査が無く間違いが気になる読売新聞版よりは、朝日新聞版の方が正確な気がします。

トピックス2011.3.30. :放射線の被害に関する正しい知識 -緊急リポート 続編-

前回のリポートに、水質の問題を追記しました。
最も訴えたいことは、子供の手本となるべき我々成人が、乳幼児から水を取り上げるような、恥ずべく行動をとるべきではありません、ということです。⇒リポートへ

トピックス2011.3.22. :放射線の被害に関する正しい知識 -緊急リポート-

福島の原発事故以来、マスコミが不安を煽る報道を繰り返したこともあり、被爆への心配をされている方は多いでしょう。
そこで八千代歯科クリニックでは、一般の方が断片的な情報に惑わされないためにも、放射線に対する「正しい知識」を提供する必要性を感じ、このページを緊急に立ち上げました。⇒リポートへ

トピックス2011.3.15. :東日本大震災に伴う診療体制について

1. 今回の計画停電に関連して、足立区全域をグループ分けした表と、グループ別の週間停電計画表を本日待合室に提示しました。ちなみに足立区は第4と第5に分かれ、当クリニックは第5グループになります。
また、希望者には医院にて作成した2つの表を配布しております。
2. 節電に協力すべく、看板をはじめとして電気を切ったエリアが多くありますが、八千代歯科クリニックではすべての機器の点検が終了し、通常通り診療を行っております。
3. 電力を使用するアンチエイジング・エステ部門は、当分の間中止といたします。

トピックス2011.3.3. :日本歯科審美学会主催の1日セミナーにて講演

3月13日(日)日本歯科審美学会主催の1日セミナーにて講演いたします。
私のテーマは、「目に見えない審美歯科 ─アロマセラピーのチカラ─」と題して、歯科におけるアロマセラピーの効果を中心に、わかりやすく解説する予定です。会場は日本歯科大学生命歯学部 富士見ホールになります。

2010年

トピックス2010.12.28. :日本アンチエイジング歯科学会誌3巻1号に掲載

日本アンチエイジング歯科学会誌3巻1号に、総説論文『進化の歴史から捉えたアンチエイジング』が掲載されました。
サブタイトルをヒトの進化と老化と歯周病としましたが、ヒトは威嚇用の長い牙から短くして磨り潰しの効率を上げ、さらに食物を柔らかくする食の進化によりミトコンドリア共生生物の頂点に立ちました。しかし歯を短くした結果として、ミトコンドリアとの共生を拒み、太古の世界からしぶとく生き残って来た嫌気性歯周病細菌群に住み着かれ、老化の促進を引き起こされてきた経緯を、ネアンデルタール人や、最古の人類アルディの歯牙を例に取って解説したものです。

トピックス2010.12.03. :年末年始の診療について

年末は12月29日まで診療し、年始は1月6日から診療致します。

トピックス2010.12.03. :香りの専門誌AROMA RESEARCH11巻4号に掲載

香りの専門誌AROMA RESEARCH11巻4号に、学術論文『シーボルトが治療に用いた精油』が掲載されました。
江戸末期に来日し、多くの医学的業績を残したドイツ人医師シーボルトが、弟子に翻訳させて出版した書籍並びに弟子の記録集から、シーボルトは多くの精油を治療に用いていたことを明らかにしました。言わば、我が国のメディカル・アロマセラピーの原点はシーボルトでした。

トピックス2010.10.15. :アロマセラピーの専門誌「aromatopia」19巻5号に掲載

aromatopiaからの執筆依頼で、19巻5号に「良香ジャスミンの香り成分のカラクリ」が掲載されました。
ジャスミンの香りをプロデュースする香り成分“インドール”をテーマとしました。
インドールはラフレシア(世界最大の花)の匂いや、私の専門領域の口臭の匂いのもとでもあります。
さらには大きなトピックとして、インドールを含む野菜に癌予防効果がある事が知られています。
ブロッコリー・キャベツ・小松菜など、アブラナ科の野菜が当てはまります。
アメリカと日本の代表的な論文をもとに、癌予防作用の実例まで解説いたしました。

トピックス2010.10.7. :第13回日本アロマセラピー学会にて講演します

大阪国際会議場にて第13回日本アロマセラピー学会学術総会(10月10・11日)が開催されます。
講演の依頼(教育講演)とシンポジストの依頼(臨床5科Drによるシンポジウム)を受け、10日(日)2時から1時間の教育講演に引続き、4時から2時間のシンポジウムを予定しています。詳しい内容については日本アロマセラピー学会のウエブサイトにて学術総会のページを参照して下さい。

トピックス2010.9.7. :日本アロマセラピー学会関東地方会で講演依頼を受けました

9月12日(日)昭和大学病院臨床講堂にて、日本アロマセラピー学会関東地方会が開催されます。
メインテーマが「感染症とアロマセラピー」で、講演依頼を受けており、私は昨年度の新型インフル騒動を多くの記録によって総括する予定です。もちろんアロマによる予防法や口腔ケアについても、研究データを中心に解説いたします。
興味のある方は日本アロマセラピー学会のHPを参照して下さい。

トピックス2010.9.7. :待合室に日田天領水(ミネラルウォーター)のサーバーを設置しました

まだまだ暑い日が続くとの事で、待合室に日田天領水(ミネラルウォーター)のサーバーを設置しました。
日田天領水(大分の水郷日田の地下水)は、我国初の天然活性水素水(活性酸素を消去出来る飲料水)と認定され、世界的評価を受けています。
1.モンドセレクション(ベルギーの国際認証機関)金賞4年連続受賞中
2.iTQi(国際味覚品質審査機構)優秀味覚賞5年連続受賞中
3.HACCP(米国の国際衛生規格)承認ミネラルウォーター(農水省も支援の規格)
活性水素水は、病気の予防やアンチエイジングに最も安全な近道だと言われています。
涼しくなるまでの期間限定ですが、冷たい天然活性水素水を是非お飲みになって下さい。

トピックス2010.8.23. :『デンタル・アロマセラピー入門』セミナーのお知らせ

8月、9月の最終日曜日(8月29日と9月26日)に、私のセミナー『デンタル・アロマセラピー入門』が予定されています。
明日からアロマを取り入れるポイントを、項目ごとにデータを中心に講義します。
両日とも1時開始で、日本ブライダルセンター(03-5642-3322)が主催です。
参加費5000円 場所は日本ブライダルセンター本社セミナールーム(人形町駅徒歩2分)(東京都中央区日本橋堀留町2-1-1藤和堀留町ビル5階) 興味のある方は日本ブライダルセンターまで問い合わせください。

トピックス2010.7.23. :夏季休診日のお知らせ

8月9日(月)〜14日(土)を休診とさせていただきます。

トピックス2010.7.01. :歯科臨床誌『アポロニア21』からインタビュー取材を受けました。

6月28日に、名物編集長の水谷氏が自らいらして、アロマセラピーを中心に、エステについてまで、多岐にわたる内容となりました。
水谷編集長は、拙書『歯と香り』を読んで高く評価しているとのことで、話しが弾み楽しいインタビューとなりました。インタビュー記事は、8月号にて4ページ掲載予定とのことです。

トピックス2010.5.29. :みずほ銀行グループの経営誌『Fole』から取材がありました

7月号の特集企画「拡大する<香りビジネス>最前線」のテーマに沿った、香りの活用の事例の取材でした。
八千代歯科クリニックで導入しているアロマセラピーを中心に報告しました。6月末に発行予定との事です。

トピックス2010.5.17. :朝日新聞出版から出版準備の調査依頼が来ました

来年出版予定の『いい歯医者2011』に、八千代歯科クリニックが掲載されるとのことです。
一昨年、読売新聞発行の同様の本では、患者さんに言われるまで掲載されている事を知りませんでした。 朝日新聞出版の調査内容は型通りのものでしたが、調査依頼が来ただけ、朝日新聞版の方が正確な気がします。

トピックス2010.4.26. :ゴールデンウイーク中の診療について

ゴールデンウイーク期間は平常通り診療いたします。
5月6日(木)は足立区立扇中学校にて、全児童の学校歯科健診を行うため休診になります。

トピックス2010.4.12. :アンチエイジング・フォト・エステのサービスを5月から毎週水曜日のみ予約制で開始します。

近赤外線をはじめ、4つの波長の光と音響振動ピーリングによって驚異的な効果が期待できる唇とお顔エステです。

トピックス2010.4.9. :日本アンチエイジング歯科学会で講演

日本アンチエイジング歯科学会 第5回記念学術大会(4/17・18)にて、30分の学会発表(依頼講演)をいたします。
八千代歯科クリニックにて5月からスタートするために、十分な研修を積み準備してきたアンチエイジング・エステ(フェイス・リップ)についても、その基礎データを含めて報告予定です。興味のある方は学会HPからスケジュールを確認してください。

トピックス2010.4.5. :第2回メディカルアロマコーディネーター養成講座で講演

第2回メディカルアロマコーディネーター養成講座が開講されました。
昨年の第1回に続き、アロマの歴史と歯科領域のアロマセラピーの2つのテーマの講演を行い、多くの熱心な聴講者から質問を受け、盛況のうち終了しました。

トピックス2010.2.3. :学術論文『誤嚥性肺炎予防の実際とアロマセラピーの活用』の抜粋版を本サイトに掲載

論文への反響が大きかったので一般の方にも判り易い範囲内に編集し抜粋版をこのホームページにも掲載しました。
論文のページへ

トピックス2010.1.29. :アロマセラピーの専門誌「aromatopia」19巻1号に掲載

アロマセラピーの専門誌aromatopiaの執筆依頼で、19巻1号に「インフルエンザの仕組みと精油」が掲載されました。
アロマを活用したインフルエンザや風邪の予防法をまとめ、昨年5月にこのホームページに掲載したところ、9月から通常の倍以上のアクセス数を記録した『インフルエンザ予防の香り』のページの内容をモディファイドして、さらに厚生労働省の最新データを加えた内容です。

トピックス2010.1.16. :日本アンチエイジング歯科学会誌Vol.2に掲載

日本アンチエイジング歯科学会誌Vol.2に学術論文『誤嚥性肺炎予防の実際とアロマセラピーの活用』が掲載されました。
日本人の死亡原因上位の誤嚥性肺炎予防方法について、食事面や口腔ケア法を含めて多角的に説明しております。
学術論文が日常生活に直結する例は少ないのですが、本論文は一般の方にも役に立つデータを解り易くグラフ化している事から、当分の間、論文別刷を待合室にて提示する事にしました。

2009年

トピックス2009.12.26. :おかげさまで開業15周年です

八千代歯科クリニックは、皆様のご厚誼をいただき、開業15周年をむかえました。そこで1月から2月末までにご予約の上で来院した方には、新年の挨拶も兼ねて、些少ですが粗品を差し上げます。 なお新年は6日(水)より診療致します。

トピックス2009.12.12. :年末年始の休診日について

12月30日(水)〜1月5日(火)を休診とさせていただきます。

トピックス2009.12.12. :日本歯科医史学会誌28巻2号に掲載

日本歯科医史学会誌28巻2号に、学術論文「フランキンセンス(乳香)の歴史」が掲載されました。
本論文はう蝕(虫歯)治療として、人類史上初めて充填(虫歯の詰め物)に用いられた乳香を取り上げ、その変遷を中心に調べたものです。

トピックス2009.12.12. :著書『デンタルクリニックのアロマセラピー』が草隆社より出版

日本アンチエイジング歯科学会編『デンタルクリニックのアロマセラピー』が草隆社より出版されました。
私(千葉)を含め5名の著者による執筆および監修です。安全・確実にアロマセラピーを実践するためのノウハウを多角的にまとめたアロマセラピーの教科書です。

トピックス2009.9.16. :歯科臨床の専門誌デンタルダイアモンド9月号に掲載

歯科臨床の専門誌デンタルダイアモンドの執筆依頼で、9月号に「アロマセラピーへの誘い」が掲載されました。今回は歯科医師を対象に、待合室での芳香療法の使用法と注意事項を記載しました。

トピックス2009.9.16. :八千代歯科クリニック内に、AED(自動体外式除細動機)を設置

当院内にAEDを設置致しました。地域における救命処置に役立たせるための設置ですが、訓練以外で使用する日が無い事を願っています。なお、地元商店街(ゆめろーど千代田)でも来年以降設置の計画があります。

トピックス2009.7.7. :アロマセラピー学会誌vol8(1)に掲載

私の論文「アロマセラピーの観点からシーボルトの薬を検証する」が、アロマセラピー学会誌vol8(1)p41-48に掲載されました。シーボルトは私が調べた範囲でも10種以上の精油を治療に用いており、シーボルトの時代までは精油が西洋医学の薬剤であったことが確認されました。今後は、何時の時点で西洋医学から精油が消えたのかがテーマになるでしょう。

トピックス2009.5.3. :新型ウイルス対策の精油

八千代歯科クリニックでは、新型ウィルスによる感染拡大の可能性が疑われる間、 抗ウィルス作用を有する精油の芳香をします。良香とはなりませんがご了承下さい。富山大学医学部中平比沙子ほか、の論文でもA香港型インフルエンザへの有効性が報告されています。(5.16追記)
使用精油はティ−トリー(テルピネンによる抗ウィルス)、ユーカリラジアタ (1.8.シネオールによる抗ウィルス)、グレープフルーツ(リモネンによる浮遊菌の除菌)です。

トピックス2009.4.6. :『私の作法2』が、4月1日に、デンタルダイアモンド社から出版されました。

月刊誌デンタルダイアモンドの人気企画をまとめたもので、私は待合室に対する考え方を執筆しております。

トピックス2009.3.13. :働く女性を応援する情報誌『L25』が取材に来ました。

最近若い女性に増えている顎関節症がテーマです。特に自分でできる予防法を中心に詳しく説明しました。
掲載は、4月2日発行(0円)のL25通算103号の予定です。

トピックス2009.3.13. :デンタルダイアモンド誌に歯科を含めた医学の歴史を掲載しました。

歯科臨床の専門誌デンタルダイアモンドの執筆依頼で、3月号に歯科を含めた医学の歴史を記載しました。また、デンタルダイアモンドのHPでは、1月号に書いたアロマセラピーのQ&Aも現在掲載されています。
興味のある方はデンタルダイアモンド社のホームページにアクセスしてみてください。

2008年

トピックス2008.12.:院長執筆の最新著書「歯と香り -歯科診療をとりまく香り-」 好評発売中です。

フレグランスジャーナル社発行 千葉栄一著 1470円(税込) 

トピックス2008.12.:院長執筆の著書「アロマセラピー標準テキスト -基礎編-」 好評発売中です。

日本アロマセラピー学会編 丸善発行 千葉栄一著(分担執筆) 3045円(税込) 

トピックス2007.10.:院長執筆の著書「オーラルケアのためのアロマサイエンス」−口腔内の健康に活用される香り- 好評発売中です。

フレグランスジャーナル社発行 千葉栄一/新谷明喜 (共著) 2730円(税込) 

[トップページに戻る]


診療時間表
お問合せ/診療予約
電話
03-3840-8211

〒123-0851
東京都足立区梅田2-18-4
TEL:03-3840-8211
FAX:03-5888-4182

Copyright © 2009-2017 Yachiyo Dental Clinic All Rights Reserved